FC2ブログ
かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のペット事情
   中国のペット事情に実は詳しくはありません。 北京に居た頃はペットを飼う人などほとんど居ませんでした。 最近数年マンションなどで小型犬やネコを飼う人が増えているようです。 大連に居た頃、よくペットショップに行きました。 大型水槽の熱帯魚も売られていて、けっこう繁盛していました。 今、オフィスなどでアロワナのような大型観賞魚を飼っている企業もあるようで、ペットも多様化している事は間違いないでしょう。 水槽を見ると、ほとんど韓国製か韓国技術の中国製です。 こういう世界でも中国製品が多くなっているのですね。

   大連では文鳥4羽とミシシッピーアカミミガメ(いわゆるミドリガメ)2匹を飼っていました。 特にカメは「巴西亀」と名づけられていたので、てっきりリクガメと思って間違って購入したものでした。 日本でブラジルガメといえば「キアシリクガメ」の別名です。 今では判別は容易にできますが、当時ミドリガメの少し大きめのものがああいう姿になっているとは想像できず間違ったものでした。 

   そのペットショップは元々市内の動物園があったところにできた電子城の一角にあり、植物や動物も売っています。 なぜ電子城にペットショップかは判りませんが、動物園の跡地という事が何かの縁になっているのでしょうか? 何度となく足を運びました。 ペットショップって眺めているだけでも飽きないのです。 

   そして帰国して一年半ほど前に「本物の」リクガメを購入しました。 ケヅメリクガメといって、ゾウガメの次に大きくなる種類です。 大きくなったら女性や子供ならカメに乗ることもできます。 まだ子供ですが、大きくなったらどこで飼おうか思案中です。 名前はゴンタとナナです。 まだ雌雄ははっきり判別できないのですが、勝手に決め付けています。 それと大連で買ったミシシッピーアカミミガメ君、一緒に帰国して今も実は我が家に居ます。
ゴンタとナナのお食事

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

かめもかわいいかったですが、奥様もかわいいじゃないですか。
【2006/03/06 20:20】 URL | うみひと #- [ 編集]


うちの山ノ神ですか? 最近男のようになってきました。
【2006/03/07 01:03】 URL | かめ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/92-23c800f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。