FC2ブログ
かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島の日
   中国と関係ないお話ですが、今日2月22日は竹島の日です。  日本の固有領土に対し韓国李承晩反日政権が不法にも実力で部隊を進駐させ、「実効支配」とうそぶいている問題であります。 実は私の誕生日と重なっているのですが、関係ありません。 竹島の歴史と日本が領有を主張する根拠は外務省のHPにも明らかにされているので、ここでそれをむやみに振りかざすつもりはありませんが、日中韓の関係の中でうごめいている我々にとって無視できない問題であります。

   韓国人や朝鮮人の気質について、たまたま老母が戦前朝鮮に住んでいた為、小さい頃からよく聞かされていました。 中国(シナ)という大国の横で、また近代では日本やロシヤに挟まれ、多分にヒステリックで自分勝手、但し強いものの前では卑屈になる民族、というような認識だったようです。 偉そうにしていても、ガツンと言うと大の男も「アイゴー」とよく泣いたり、コソコソと人のものを盗む人が多かったと言っておりました。 時代背景を考えれば、大分偏見があるのではないのか、と思っていました。 その後その話の一端を現実に見る事になったのは、私が北京で中国語を勉強していた頃です。 北朝鮮の留学生達はおっとり平和ボケの日本人留学生からいろんなものを盗んでおりました。 私自身は北朝鮮の留学生とも交流をしており、友人と思っていた人も数名おりました。 ある晩、自転車置場で自転車を盗み出そうとしている北朝鮮留学生を見つけ捕まえようとすると、普段良く話をしている奴だった事がありました。 その日を境に食堂でも宿舎でも目をあわす事すらしなくなりました。 また私自身、彼らにカメラ、食堂の食券を盗まれ、母親の言った言葉を思い起こしました。 当時留学生担当の教授と「北朝鮮問題」を何度か話し合いましたが、面白かったのは、間に入って解決に協力はしてくれなかったものの、学校側も問題を十分認識していた事でした。 「彼らは友好国の留学生」であり、政府から特別の「配慮」をしなければならない事情までは説明してくれ、あとは忖度してくれ、と言うわけです。 

   竹島問題は、まさに韓国が主張している通り、「実行支配」すれば自分のもの、という考えに基づいています。 盗んだ物も、懐にいれてしまえば自分のものなのです。 ましてや小ずるい李承晩は日本は戦後の左翼の台頭で、戦争責任とリンクしてしまえば竹島問題に対し強硬手段に出られない事をよく知ってました。 今でもノムヒョン君は靖国問題などと一緒に竹島問題を日本の軍国主義の問題と一系列に取り扱っています。 うそもつき通せば、なのでしょう。 島根県の議会の筋を通す勇気はすばらしいと思いますが、政府はまったく韓国のペースに乗せられ、事なかれです。

   一方韓国は中国には物を言えません。 朝鮮戦争時の中国義勇軍の侵略、蛮行などへの保証交渉をまったくせずに国交を回復しているのは驚きに値します。 中国は図に乗ってその後、高句麗王朝を中国の地方政権とした時さすがに韓国政府も騒ぎ立てましたが、それも一時期の話で結局その「歴史認識」についてはあいまいに決着させました。 私自身も高句麗は政策的にも地政学的にもまさしく中国の地方政権と思っていますが、これも面白い事件です。 韓国政府とはかように相手に応じた卑屈な政策を採っており、そこには正義も何も感じられません。 私見ですが21世紀中に朝鮮半島は恐らく北半分が中国の版図に組み入れられ、南半分がその衛星国家(属国)になるのではと予想しています。 日本は、米国の衛星国家にならないよう自らを律しなければなりません。 今日本の領土に土足で入り込んで銃を突きつけている国はロシアと並んで韓国である事はこれからの国家の指導者は十分認識して戦後のトラウマの中でのあいまいな関係はもうやめて、きちんとした外交戦略を打ち立てて頂きたいと思っています。

*チベットの「生き仏」から自分が真言宗の
 仏教徒である事をお話申し上げ、チベット
 仏教の教徒として念仏を伝授頂いた方の
 名刺です。
生き仏様の名刺

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

オイラ・・・本籍を竹島にしようと企んでいます。
かめさんも是非、オイラと本籍兄弟になりましょう。
【2006/02/23 01:43】 URL | kazu #mQop/nM. [ 編集]

いいアイデアね
いいな~、本籍移すくらいならいつでもできますね。 是非やりましょう。
カヤックで行けないかな~?
【2006/02/23 01:46】 URL | かめ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/88-d0a065ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。