かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連赴任
ビジネス日記「商社編」⑮

   昨年12月の商社編⑫で大阪から大連へ転勤が決まった2000年末の話を書いた。 私は2000年12月27日、それこそ世紀末の押し迫った日に関西空港から大連に赴任した。 大連法人の社長(総経理)が新しい肩書きだった。 大連は大雪、離陸後の機長アナウンスでは「着陸できない場合は北京か関空に戻る」といわれた。 「大連は私を歓迎してくれないのか~」と一人不安になった。 予想に反して大連空港の雪は上がり、視界も着陸条件ギリギリいけそうとの事で、定刻通り雪景色の大連空港に着陸した。 黄海から陸地が見えるとそこはすぐ大連、大連港から大連駅を超えて空港へ降りる航路の景色は雪景色でもあり、なにか特にさびしく思えた。 
   私は1987年に一度大連を訪れた事があったが、今回の赴任まで約13年、来ていない。 87年当時のイメージしかない自分は、大連という「田舎の都市」へは左遷された思いだったのだが、街の様子は中心部こそ昔ながらの古い洋風建築がならんでいたが、周辺の発展振りは予想をはるかに超えていた。 ちょうとお昼に到着し、荷物を一旦アパートへ置いて、すぐに事務所へ向かった。 市内の森茂大廈(森ビル)にある。 即前任総経理との引継ぎを開始した。 前任者の努力もあって、法人格を取得し3年目になっていたが、良い商権に恵まれ、赤字体質から脱却しつつあった。 開発区にある日系企業群が主なお客で華中華南と比べて競合も少ない、期待できるマーケットである事はすぐに飲み込めた。 
   市場や事業の将来性もさることながら、中国人スタッフの優秀さも他の都市部とは異なっていた。 大連に来るまえ、知り合いの中国人から「中国語を忘れないように」と注意されたが、その意味が赴任して判った。 スタッフのほとんどは日本語1級或いは英語1級を持っており、ビジネス会話はまったく問題無い。 大連駐在には中国語は必要ない、と極端な話言えるほどだ。 私は郷に入れば郷に従え、という事で、中国語を話すようにした。 言葉だけでなく、大連人の気質なのか、仕事に対する責任感も非常に強い。 勿論平均的な中国人のような所謂キャリアアップの道具と見ている人も中にはいたが、会社に対して総じて献身的であったのには、正直驚いた。 
   そういう具合だったんで、スタッフとの連携もうまく行き、また開発区の客様にも大変お世話になり、業績は急上昇、中国法人の3本の柱の一つに数えられるようになった。 勿論中国の急激な経済成長がその支えになったものでもあるが、今の中国のビジネスの世界において、30代半ばから40歳前後くらいの人材は総じて優秀である事に気づいた。 20代まで若返ると、大分甘えの世代になりかなり頼りない。 私のまったく個人的な感触だが、日本人の50代と中国人の30代後半から40代前半の人間の仕事に対する感覚は非常によく似ている。 いい意味でまじめであり、向上心があり、切磋琢磨により鍛えられる。 しかし20代から30前後の人材レベルは大分落ち込む気がする。 なぜかその上の世代の悪いところだけを吸い取ったような世代なのだ。

大連空港

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/83-121e86e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。