FC2ブログ
かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞を読もう
中国との出会い⑩

   また学生時代に戻った話しで恐縮です。以前に野村先生に就いて思い出やお世話になった事書き綴りましたが、実はもう一方、二松学舎でお世話になった先生が居られます。 酒井淳吉先生です。 大変謙虚な先生で、あまり学生に物事を押し付けたり、高圧的になられず、何か年の近い先輩のような感じで接する事ができました。 実は酒井先生こそ、現代中国の政治経済への扉を開かせてくれた先生でした。 79年の3年生になった新しい授業で、確か現代中国の政治経済に関する題材を学びつつ、言葉の勉強をさせて頂きました。 そこで例の四人組問題、四つの近代化、等と言った当時の中国の実情を学ぶ事ができた訳です。 特に三中全会の議事内容やそれを報道する中央人民広播電台(北京放送)の記事内容をいち早く入手されそれを教材にしました。 文学部に籍を置いていた為こういう方面に関心を持っていなかったので、新鮮なショックを受けました。 今でもビジネスの世界において大事な事なのですが、中国の人民日報を初めとする主要マスメディアの記事は毎日読むべきで、この授業を通じてそれを理解しました。 さすがに駐在時代は実行できても、帰国してからはそう簡単に記事を入手できませんでした。 が、最近はネットで好きなだけ読む事ができます。 日本に居る間は忙しく毎日実行できないかもしれませんが、それでも毎日中国語のニュースに触れて行きたいと今でも当時を思い出しながら意識しています。

*一世紀頃の「貨泉」や7世紀の「開元通宝」など
 私は小学校4年生の頃から日本や中国、朝鮮の古銭、
 外国の古いコインなどを集めています。
 結構たくさん集まってます。 穴無しの50円玉、
 同じく穴無しの5円玉とか覚えてます? 
一世紀頃の「貨泉」

7世紀頃の開元通宝他

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

2年ほど前、実家からこどものころ集めていた古銭が送られてきました。
けっこういろいろあったのですが、いいものは娘の小学校にあげてしまいました。
S32~ころの百円硬貨、五十円硬貨ならあるのですがいりますか?
百円札も百枚ぐらいあったのですが、コアでサーフカヤックを買うときに使いました。
【2006/02/03 12:18】 URL | うみひと #- [ 編集]


使ってしまったの? ん~もったいない♪
残ったもの購入しますので、Keepしておいて下さい。
【2006/02/03 13:56】 URL | かめ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/79-505fd9e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。