FC2ブログ
かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連
   大連は中国東北地方(旧満州)の海の窓口として栄える大都市である。意外に知られていないのは、中国4000年の歴史の中で、この大連は都市としては100年ほどの歴史しかない事だ。元々は小さな漁村であった。19世紀末に英国海軍が天津への補給基地として測量を始めたのがきっかけで注目を浴び、1897年に帝政ロシアがこの地を占領し都市建設を始めた。その後日本が進出し、ロシアの設計を元に街を拡大、洋風の建築物を建てた。 現在でも「中山広場」周囲には当時の建物がよく保存されているし、旧大和ホテルは現在も「大連賓館」として営業を続け、日本人観光客の郷愁を誘っている。 つい先日まで戦前の日本人住宅がそのまま残されていたが、2003年以降それらの再開発が大々的に始まり、今では極僅かな地域ににしか残されておらず、それらもここ数年で見られなくなるであろう。 また大連駅は東京の上野駅を模したものと言われている。 大連本願寺は現在重要文化財指定を受けながら、「京劇院」として使われている。 戦前のレトロな路面電車も一時期テレビのコマーシャルに出ていたのをご記憶だろうか。

   大連人の気質は他の中国人とやや異なる。 東北人の素朴さをもちながら港町のセンスの良さがファッションから見て取れる。 女性は総じておしゃれ、食べるものを我慢してでも着るものは絶対にお気に入りを購入する。 東北人のスタイルのよさも有って、ちんちくりんの日本人オヤジ族から見ると大連には美人が大変多く感じる。 昔から唯一の女性モデル学校があったのもそのせいであろう。 また中国中で最も親日的な街と言えるだろう。 英語を話す人よりも日本語を話す人が圧倒的に多く、皆とても親切だ。 ここに来ると中国も普通の国なのだ、と感じるのは私だけではないのではないだろうか。 私は3年この街に住んで、今では中国で最も好きな街になっている。 歴史が浅いだけ、観光名所に恵まれてないが、乃木将軍で有名な203高地には今でもロシア軍の塹壕が残っているし、乃木&ステッセル会談が行われた農家はいまでもよく保存されている。 また「アカシヤ祭」(5月)「ファッション祭」(8月)「大連国際マラソン」(10月ごろ)といった街を挙げてのイベントが楽しい。 大連を起点に東北(旧満州)の旅へ行くのもお勧め。冬の間は寒いので観光客が少なく、かえってねらい目かも。

*夜の三浦、毘沙門天近くでカヤックを囲み
 何やら儀式を執り行っている「海猿」たち。
夜の毘沙門

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

中国で初めて言った街が大連でした。
2002年に大連で行われたWTOの閣僚会合でしたが、中国がWTOに加盟して初めて主催する国際会議ということで、その気合の入れようはものすごくて、空港からホテルに向かう車列から見る道路沿いに20メートルおきに立っている女性警官は、皆モデルのようなスタイルのよさ。中国の警察官ってレベル高いと思って後で聞いたら、中国全土から選りすぐられた女性警官とのことでした。会合後のホテルのレセプションにもチャイナドレスを着た
美人コンパニオンがたくさんいて、彼女達はモデル学校からかりだされたそうです。
そんな大連に3年もいたとは裏山椎茸。
【2005/12/27 12:43】 URL | beluga #- [ 編集]


ワタクシメは平岩さんの時に初めてAPECに参加しました。
後にも先にもあんな機会は二度と来ないでしょう。現地で「雇われマダム」
やっているとこんか機会にも恵まれるのでしょうね。
そうそう、大連の婦人警官、はっきり言ってモデルです。
【2005/12/27 14:01】 URL | かめ #- [ 編集]


大連と聴くと 私の親友...横山くんという高校時代のフォワ-ドマンを思い出します。
日本国の極右翼系の思想者でもありました 去年まではオ○ワ-ドの中四国執行役員支店長でしたが 訳あって去りました。
彼は乃木将軍の大ファンで いつか○○高地の景色を観に行きたいと懇願してました。
私はその昔 センタ-ハ-フ(いまのミッドフィルダ-ですか?)フランツ・ベッケンバウア-を崇拝してました。
ナツカシヤン 中国はしょの昔 羽毛工場見学に行ったことがあります地名は忘れましたが36歳のころ 冷えてないBEERと自転車のと 香辛料の香りが記憶に残っています。
桂林は開発されないうちに行って見たい場所ですが・・・無理でしょうか。
伊勢志摩鳥羽やめて かめさんに桂林に 連れて行ってもらいたい気分なり・・・
【2005/12/27 19:42】 URL | ISO #- [ 編集]


桂林やめて大連「イカゲソ」ツア~、203高地からの旅順港口視察のたび、ってのは如何でげそ? 外国人立ち入り禁止を無視して旅順港まで行きましょうか。
【2005/12/27 19:53】 URL | かめ #- [ 編集]


それも酔い好いですね かめさんと一緒なら安心ですね。
ダイちゃん&ベル-ガさんもご一緒 イカゲソ...旅順港は情緒ありそ。
桂林は後回しでもいぃです・・・っち軟弱なり。
【2005/12/27 20:45】 URL | ISO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/66-82f58874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。