FC2ブログ
かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恨みを国是とする国家
恨みや怨念を抱えて、それを行動の原動力にする人間は幸せになれるのだろうか。坂本竜馬の母上ではないが、そのような事は決してありません。中国は人民の統制を「愛国心」という工具を使って実行しています。中国人こそいい面の皮ではありますが、その愛国とはすなわち「日本を憎む事」。怨念を国是とし、隣国の失墜を政官民一体となって望んでいる国、それが中国です。
そもそも中国共産党の政権党としての正当性は抗日戦争勝利という事になっています。つまり共産党独裁が続く限り、日本には永遠に悪者を演じ続けてもらわなければならないのです。そんな国と戦略的な互恵関係などあり得ないと普通の日本人は思っているのではないでしょうか。

中国人民達はその政府に操られて、お祭りの気分で反日デモを行っています。自国の問題ではデモどころか意見を言う勇気すら無い人たちが愛国の言葉に酔わされて、反日で愛国を競い合う、悲しい民族ではあります。
そもそもそのように操られている事すら自覚の無い人々に「民主主義」など理解できないでしょう。ノーベル平和賞こそそれを考える機会だったのに。上野の山の猿に民主を訴えても意味が無い事とまったく同じに見えます。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/25 06:55】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/14 09:41】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/23 01:11】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/08 00:30】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/11 02:43】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/21 10:07】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/21 11:16】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/178-126d636a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。