かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアから中国を望む
  ウラジオストク、パルチザンスク、ユジノサハリンスク、ハバロフスクと廻ってきました。ハバロフスク以外はどこも活気が無く、ロシア極東とはこんなものか、と少々がっかりしました。街並みも、特にウラジオは「西洋人がいっぱいいる中国」みたいで居心地はあまり良くなかったです。
ロシアの人たちはとても親切で仕事もなんとかこなせましたが、予定していた商売は難しそうで戦略の立て直しです。

  10年ほど前に日本政府の金を使ったサハリンでの援助の実情の一端を垣間見ました。日本企業も不景気だったせいか、政府の援助があるのを良いことに、高価な設備を売りつけたのでしょう。ホコリをかぶった立派な設備が工場敷地に放置されていました。日本企業も技術指導無しには設備がこうなる事は予想できたはずです。不景気な時代に日本企業もこういう場所で無責任な仕事をしているものだと思いました。これを活用できないか、あるいは中国にもって行けないか考えています。

  ハバロフスクは他の土地と違って欧州の香りがしとても気に入りましたが、中国に近い関係で中国人のお金持ちが囲っている「ロシア妻」が多く住んでいるとロシア人から聞きました。なんとも興ざめな話でした。そういう事情からではありませんが、昼食時はアムール川岸近くの「香港飯店」で食事をする気にはならず、サッポロという和食の店まで歩きました。どこでもそうでしたが、日本語は勿論、英語が通じないのには閉口しました。

  初日、ウラジオストク空港には19時過ぎについたのですが、入国手続きに時間はかかるし、国際空港にもかかわらず公共のバスやタクシーもいません。普段はバスが市内まで行くそうですがなぜか見当たりません。そういう事情からロシア人のアドバイスで事前にホテルから契約タクシーを迎えに来させていました。新潟から一緒のフライトで入国したドイツ人教師が駅までタクシーに同乗させて欲しいと困り果てた様子で言うので乗せてあげました。その日の夜行列車でハバロフスクに乗れるか盛んに心配していました。タクシードライバーは無理だと悲観的でしたが。
  翌々日、件のタクシードライバーにまた空港まで送ってもらいましたが、そのドイツ人はこのドライバーに頼み込んでなんとかその日の夜行列車の切符を手に入れたそうです。欧州人はこういう旅が好きなようですが、私にはとてもまねできませんね。

  アムール川、この先40kmほどが中国になります。きれいな景色でした。amur river090916_133842.jpg
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/175-62cf4215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。