FC2ブログ
かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村先生、長い間お疲れ様でした
  ちょっと前の話になりますが、二松学舎大学文学部長野村教授が本年の3月末を以て退職されました。まだまだ学校の発展のために頑張って頂きたかったのに、と思うのは何もしなかった一卒業生のわがままかも知れませんが、このニュースには驚きました。中国近代文学の研究、中国語教学理論の研究、大学100年の計を持った経営手腕、グローバルに学生と向かい合える数少ない先生ではなかったでしょうか。

  われわれの業界にもいろいろな大学からその専門知識を求められて来られる人がいます。全てががそうでは無いことは当然ですが、多くの「金銭目当て」「名誉目当て」の先生を目の当たりにしてきました。実業界での出世やシェア拡大の競争があるのと同様に、先生方にも競争の原理がある事は当然とは思いますが、その昔、会社という組織はたたけば金が出てくるとばかりに露骨に金を要求された某地方国立大学の化学系教授には幻滅を通り越して、怒りさえ覚えました。大学教授といえども普通の人扱いされる昨今ではありますが、野村先生が輩出した実業界、教育界の人材の数は大変のものになると思います。残念ながら定年を前にして早期に退職された理由はわかりません。

  ブログを始めた頃にいろいろと学校の事を記事にしましたが、多くの仲間たちが野村先生に人生を変えてもらったのではないでしょうか。いつも学校やOB会に行けば会えると思っていましたが、先生は第二の人生に向かって歩みを始められてしまいました。自分は大学や先生や研究会の恩恵のみを享受してきましたが、いつかは恩返し、と思うばかり、そのままこの時を迎えた事を非常に恥じております。幸い、退職のお祝いパーティーにOB、現役の多くの仲間とともに参加できた事を喜びとするのみです。
せめてこれからのOB会活動に少しでも協力できればとひそかに反省しているのでした。

  先生がこっそり本か辞書の編纂に取り掛かっている事を期待しております。

退職記念パーティー会場 
野村先生退職

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

初めまして、シュウです。
私も二松学舎大学を卒業しました。国文科でしたけど。
同じ大学の出身で驚きました。
今はなぜか、中国の東莞で働いています。
最初に中国に来たのは96年で今は、中国の人と結婚し子供もいます。
全然大学時代のものと、連絡を取っていないですが、かめさんの、ブログを見てなんだか懐かしくなりました。
それでは、また!
【2009/06/09 15:45】 URL | シュウ #- [ 編集]


 私もかつては野村先生の愛弟子であった。名利に敏い教育業者的な近年の大学教員
たちとは異なり、工学的な発想から音声学や教学理論を考察し、中国語教育の質的向上
を模索する稀有なかたであった。
 1985年、本学研究室で先生お会いしたとき、1,2年生の柏校舎移転にたいそう御不満
のようで、私に愚痴をこぼしておられた。
 野村ビジョンが結実しなかった二松学舎の現状にOBの一人として残念に思う。
【2009/06/10 14:45】 URL | たこぞう #- [ 編集]


シュウさん、はじめまして。東莞在住ですか。日本は不景気で大変ですが、そちらはいかがでしょう。がんばって下さい。
【2009/06/14 23:19】 URL | かめ #.2cgsHzE [ 編集]


たこぞうさん、中国語の世界しかわかりませんが、二松学舎で学べた事は大変幸運でした。いろいろと話は漏れ伝え聞いてはいますが、野村先生が離れられても二松学舎が生き延びることができるのか、不安を覚えます。
昨年、二松学舎の某教授が中国で有料のセミナーを開催していました。広報に聞いても「知らない」という事でしたので、社内の人事から二松学舎出身ということで問い合わせがありましたが、参加する意味に疑問あり、と回答しておきました。
【2009/06/14 23:28】 URL | かめ #.2cgsHzE [ 編集]


  亀君、你好!你的电子邮件收悉。谢谢!
该大学的现状,据我分析,恰似PIONEER的洗衣机事业部每年聘请chemical
wash mechanism(Wash denim or something?)或diving wash
mechanism 的technicians(Swimming?),甚至于该事业部W部长高升三级,
当了社长以后,映像事业部音响部减至4名,转移破房,高搁束之,大傷元気。
部长大怒。
在伟大领袖文科省的21世纪<六亿银弹>编制帮助下,大学的经营指标仍确保-A。
但洗衣机当真能否畅销?技术上有无问题?专家的学历虽然偏高,但工作人员的
偏差值是否仅到达45-6?複雑的教学内容,他们能否理解?
(=>子曰:不可使知之 ,Intelligence should not be forced to them.)
Therefore,老面書生的経営哲学如同谷底针,我对他们的Marketing及quality control思想颇有怀疑。
目前,登记在amazon的现代汉语课本已超过2700册。换而言之,飘飘然的假唐
小人或哈华女子亦出版不三不四的初级课本,95%的课本在实际的工作上不起作用。
(除塚本慶一的著作)
物稀为罢了。
我希望音响部长辞职后,能继续研究古代汉语,名声隆重,多谋幸福,永垂不朽。
白川静曾经说过” 70岁的学者乃是幼儿,90岁以后才是差不多了。”
PIONEER的洗衣机事业部只是一个例子,实际上不是存在的。但自开始生产至投入
市场约需4年,面临2013年时,洗衣机事业部的干部可以选择三条路。退休,调离,
日日混。一直到2013年,在舍内的研究室里到处展开一场谁的马屁值得拍,谁的屁股何等香,
谁是死对头,谁是子弟乒的摔跤比赛,实在热闹。
该大学不久的将来是否倒闭,对我来说是无所谓的。
    谨此
礼!
P.S.
もしかしたら、学生さんたちもこれを見てるかもしれないので言っておきます。
上記の中国文をサクサクと作文できたら、大手商社の作文試験ははなまる合格
です。仕事の現場で一度も耳にしたことのない(コ)クサイ経済学よりずっと簡単でしょ。
でも剣道4段をとれるくらいの猛稽古をする心構えが必要だけどね。
語学の習得って99%体育会系の世界だよ。でも体育会系得意なひと多いんじゃない、
この大学は。海外取り引きの実務とか英語なんて小難しいことは会社入ってからいくら
でも学ぶチャンスはあるわさ。大学の4年間で中途半端にやるのか一番損だね。
先輩のかめさんを誇りに思って見習っておくれ。
硬邦邦的小伙子!加油吧!
たこぞう

【2009/06/17 08:04】 URL | たこぞう #- [ 編集]


かめ様。
東莞も不景気のようですが、街の印象では、徐々に良くなってきているようです。
個々のレベルでは、倒産もあるし、泥棒されたなどの話も、以前より、良く聞くような気がします。
私の勤めている工場では、注文がかなり回復して来ました。
景気は一進一退というところですね。

それでは、また!


【2009/06/30 15:00】 URL | シュウ #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/174-7eee2030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。