かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾と渤海湾
今日初めて東京湾をカヤックで漕ぎました。新木場近くから出艇して荒川を渡り、旧木場、夢の島、お台場をめぐって竹芝桟橋、浜離宮あたりから隅田川に入り、月島、佃島、豊洲、南砂町などをめぐってきました。冬場という事もあり、海は透明できれいでした。思ったほどゴミも浮いてません。さすがに川や運河に入り込むと濁ってましたが・・・。 少なくとも東京湾の環境は大分改善されているようですね。水が透明なのに驚きました。大きなボラがたくさんいて艇の近くをなんども跳ねてました。

渤海湾や黄海は広すぎてカヤックはできないのでしょうか。少なくとも旅順から大連までの海は島も多く楽しそうです。 しかし何度か釣り船で沖にでましたが、海は濁っていました。 恐らく黄河から運ばれる土砂などで黄色くなっているのだとは思いますが。 海を見る限り公害による汚染なのか、昔からの母なる黄河の土砂なのかは判別がつきませんでした。
以前の記事にした事もあったと思いますが、夏の海水浴シーズンの大連「星海公園」の浜、海水浴客のゴミで足の踏み場も無いほどです。浜で横になってると、どこからかスイカの皮が飛んできます。 あの時以来大連で海水浴はやめました。 最近は多少はモラルも向上したでしょうか。 聞けば煙台の海岸は大変きれいだそうですね。 いつか行ってみたいと思います。 カヤックも持って。

お台場近くからレインボーブリッジを望む:
レインボーブリッジ

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
在東京湾我也想揺皮艇
私も参加したくて問い合わせましたが、来週に前から柴田さんと漕ぐ予定を入れていましたので、結局パス。かめさん、休憩で何処かに上陸しましたか?
【2007/03/05 06:39】 URL | 丁稚 #awY9DTMw [ 編集]

東京湾ツアー
私も元々11日に申し込んでましたが、先週末のAlgaforest伊豆ツアーが無くなった代わりに東京湾ツアーに変更と聞き、急遽4日(日)のツアーに参加となりました。
上陸可能な場所は確かに限られてますが、お台場の外海側の小さな浜は上陸可能で、昨日もそこに上陸し芝生で昼食休憩をとりました。 隅田川に入ってからは上陸できる場所はほとんどありません。つまりツアールートにもよりますが、後半上陸休憩は無しと思っておいた方が良いでしょう。
【2007/03/05 09:38】 URL | かめ #- [ 編集]


東京湾カヤック良いですね。
自分のところからだと、荒川とかはすぐ近くで、お膝元って感じですが、まだ漕いだことありません。今度、荒川から東京湾にむかって漕ぎ下って行って、東京湾内のあちこち見てみたいな。でも、ここは入ってはダメ、とかのローカルルールがだくさんありそう。
【2007/03/08 07:36】 URL | ベルーガ #- [ 編集]


ベルさん達が三浦を一周している時でしたね。今回柴田さんに色々とコースを教えてもらいましたので、荒川下り東京湾ツアーやりましょう♪
【2007/03/08 13:38】 URL | かめ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/140-99425f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。