FC2ブログ
かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく白けてる
   昨日中国の煙台市開発区の日本担当者と面談しました。煙台への進出を検討してはいますが、実は別の江蘇省の開発区の方が第一候補です。いつもの如くきちんとした準備はして来られないので、進出検討のため不足している情報の追加提供を「再度」説明・依頼する事になりました。良し悪しは別にして日本企業は「入り口」を固めないと中に入りません。中国企業(もしかしたら米系企業も?)「出口」が決まっていれば中に入るようですが、この性格の違いがプロジェクトを進める時、特に最初の段階の作業にエネルギーを費やすことになります。

   それはそうとして、実際に話し合いの場に居るもの同士が信頼関係を築く事も重要です。少なくとも良く知る事は必要だと思っています。 相手を信頼できれば、そういったエネルギーを費やす仕事もこなせます。最近はプライベートな話題でも問題無いし、むしろ欧米のように気遣う必要もないので、そういう話しにも水をむけるのですが、今回はなんとなく白けている感じです。 自分が中国にかかわってきた背景や歴史を掻い摘んで話すのですが、むしろ警戒するようです。そういえば、時々行く居酒屋の中国人アルバイト店員の中にも、できるだけ客との会話を少なくして避けておきたいという雰囲気を最近感じます。 ましてや中国語をしゃべったりすると露骨に警戒の表情を浮かべます。 最近の政治的な問題がそういう一般の来日中国人をしてできるだけ個人的な関係を遠ざけさせているのでしょうか。 考えすぎでしょうかね。 まあ居酒屋などではいろんな酔っ払いがいるから中には傷つけられる事もあったのかもしれません。 ただ最近ちょっと気になるところであります。

   世論調査ではお互いがお互いを「信用できない」としている人が増えているのですが、相手をある程度知った人たちは昔から「信用できない」と言っていました。ようするにお互いを知る人たちが増えたという事なのでしょう。それを超えて「良く知る」人が増えればまた変わるんでしょうね。

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/118-da9274f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。