FC2ブログ
かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どたキャン
  どうにもこうにもならない事態に遭遇して、アポをキャンセルする事は日常的に起こり得ます。ワタクシメの場合もたまにお客様との打ち合わせ、飲み会などを土壇場でキャンセルした事が何度かあります。勿論きちんとお詫びをして後日埋め合わせを行いました。大抵の場合、快く受け入れて頂いております。

  さて、8月1日(火)の午後、中国江蘇省姜堰市が投資説明会を東京ドームホテルで行いました。姜堰市をご存知でしょうか? 大抵の日本人は知りません。私も知りませんでしたが、胡錦涛国家主席の故郷です。丁度揚子江を挟んで無錫の対岸(北岸)に位置しており、地理的な好位置にもかかわらず、開発の処女地として注目されています。人口93万人、金属加工、自動車部品の中心的な町である事は意外と知られていません。またイチョウの木が多く、銀杏生産量は全国の1/3を占めます。銀杏好きの日本向けに輸出を模索しています。北京の中南海、ご存知国家幹部の集まる地区ですが、そこ向けの食材のいわゆる「上海蟹」は実はここ姜堰産の天然物なのだそうです。養殖が全てと思ってましたが、ここには天然物があり、一味も二味も違うとの事ですので、ご興味ある方はお試しあれ。

  私の部門では色々な案件で中国進出を模索しているため、国家主席の故郷であればそれなりの優遇もあるであろうと説明会に参加しました。が、肝心の市長他Delegationが到着しておりません。中国側の事情でVisa取得に問題が生じ訪日が間に合わなかったそうです。前代未聞の説明会ドタキャンでした。中国の訪日団受け入れではよく日程が遅れ遅れになります。個別の商談は調整すれば済みますが、こういう説明会、セミナーの類は多くの人を事前に集めてますので、さすがの中国側も普通は余裕を持って来られます。胡錦涛さんの故郷に泥を塗った形になりましたが、さて、どのような埋め合わせがあるのでしょうか。説明会は同市人民政府駐日本事務所の方が代行し無事行われましたが、やはり現地のトップの話しが聞きたかったのは私だけではないでしょう。

  原因は銀行の行長の出国許可が出なかったためだそうです。最近銀行のトップが汚職にまみれて海外逃亡をするケースが後を絶たず、北京での厳しい審査があるようです。さっさとメンバーからはずせば良いものを、彼を待ち続けこういう事態になったとの事でした。お粗末様。

江蘇省姜堰市説明会

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/116-e8864bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。