かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年中国環境状況公報
またまた環境の話しで恐縮です。一ヶ月程まえ、中国国家環境保護総局がいわゆる環境白書として以下発表がありました。

①水質
七大水系(長江、黄河、珠江、松花江、淮河、海河、遼河)のうち、珠江及び長江の水質は「比較的良好」。
海河(河北省)はアンモニア性窒素、BOD5、高マンガン酸塩や石油類の指標が高く「汚染が深刻」。
湖では多くの観測地で「窒素、リンの含有量が高い」。
沿岸海域の水質、総じて「良好」なものの、天津、浙江省、上海沿岸では汚染が深刻化。赤潮の発生は04年比約15%減少した。

②大気
522都市で観測を行い、以下の結果となった。
・国家一級レベル :   22件 ( 4.2%)
・国家二級レベル :  293件 (56.1%)
・国家三級レベル :  152件 (29.1%)
対04年比二級以上が12.6%増、三級未満が9.9%減、都市の大気は改善されている。
一方、酸性雨は696箇所の過半数である357箇所で観測されており、04年より若干改善されている。

③土壌
2005年の全国総耕地面積は1億2208万ha、農園は1154ha、山林2億3574万ha、牧草地2億6214万ha、その他の農業用地2553万ha。 造成などで同年には36万haの耕地が減少、98年からの累計では760万haに上る。 また、全国で毎年50億トンずつ土壌が流失している。

④生物多様性
世界の10%に当たる6266種の脊柱動物が中国に生存している。高等植物は約三万種で世界第三位。その中にはパンダ、キンシコウ、アケボノスギなどの絶滅危惧種もあり、保護と回復の為の施策が講じられている。

2005年7月には延べ72.8万haにわたる国立自然保護区を17箇所指定しており、2005年末での各種自然保護区は合計1万4995haになった。

と、まあ総じて「環境は良くなっている」という報告だ。しかし環境保護総局が多様な施策を講じてGDPが9.9%成長する中でも、活動は大きな進展を見せ、環境状態は安定している、という宣伝をしたいのであろう。また、前文で11月に発生した、吉林石化の爆発事故について触れるとともに、事故後の対応も詳述している。ロシアは怒ったが。

上海沿岸などの汚染、各都市の大気汚染は間違いなく深刻化している。これらの問題解決には国家型のプロジェクトだけでは解決は難しい。人民の意識向上も欠かせない。日本にはすでに韓国のみならず中国からの浮遊ごみが海岸に寄せられている。 三浦や伊豆を漕いでいると、我々もまだ人のことをとやかく言える水準ではない事がわかる。 日本も含めたこの地域が太平洋のドブ、汚れ発生源という汚名を返上できるようにこの三つの国が協力しなければならない。 

三浦・荒崎
荒崎

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/27 15:39】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/114-806516b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。