かめさんの中国ビジネス奮戦記
中国にかかわって30年近くになります。中国との出会い、中国語の習得、そしてビジネスの世界への経験をまとめ、同時に現在進行中のビジネス現場から生の日中ビジネスの姿を公開するものです。
プロフィール

かめ

Author:かめ
小学生の頃、佐渡の向こうに大陸があって、中国があると聞いた。中学生になって深夜放送に夢中になるが、中国語の甲高いアナウンサーや、変な日本語でお国自慢ばかりしている北京放送が耳につき始める。最初は馬鹿にしていたが、それが興味に変わって行った。それから数十年、中国語の習得、中国駐在、ビジネス、プロジェクト推進など中国と不思議な縁が深まって行く。 振り返れば・・・、面白いじゃないの。 ブログにしてみようと思った。 独断と偏見の中国なんちゃってビジネス奮戦記である。

みんなのプロフィールSP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞の低レベル化
まったく中国とは関係ありませんが、ちょっと不快な問題です。 6月23日(金)朝日新聞の夕刊には、W杯ジーコジャパンに関連した記事が大変多かった。その中に朝日の記事とは思えない思い上がったというか、ひたむきなスポーツを小ばかにした記事がありました。ちょっとひどい記事なのでかってにこちらも記事にさせてもらいます。 まずはその記事から;

決勝Tなど厚かましい
やくみつるさん

漫画家のやくみつるさんの話  ボール支配率はブラジル6に対し、日本は4。しかし、その差以上に「持たせてくれないもんだな」との印象を受けた。戦術云々以前に技量の差があった。玉田の1点でブラジルを怒らせてしまった。決定力不足が言われていたが、心配していたのは、むしろ守りの方。弱点が如実に浮かんだ。今大会、事前には3敗、良くても1分けと思っていたので、予想通り。日本にとっては、本大会に出られた事で大願成就。決勝トーナメント進出なんて厚かましい。3大会連続と言っても、1回は自国開催。我々ファンも「いつも本大会に出るんだ」とくせにならないように自戒しないといけない。ただ、玉田の1点は、創造性にあふれていて今後の日本サッカーの示唆になるようなゴールだった。今後も頑張って、連続出場を続けてほしい。

(以上引用)

厚かましい、のになんで連続出場を続けて欲しい、というのか?
そもそも「誰が」厚かましいのか?
「予想通り」なら予想を事前に朝日に乗せた上で記事にしなければただの「後出しじゃんけん」、漫画家とはこういう卑劣な人種が多いのだろうか?

選手や監督が厚かましいのであれば、そもそも「我々ファンも~」などと自らをファンいうのは可笑しい。 また厚かましいという事は、最初から「勝ち」はねらわず、間違ってW杯に出場となったのだから、せめて皆様に頑張ってもらうため「点数供給チーム」になれば良いというのだろうか? 
優勝をめざす、決勝トーナメントを目指すという事は選手監督の当然の行為、またひたむきさや情熱の表れであり、「厚かましい」などと言われる筋合いのものではない。 『今の漫画家というのは昔と違って恐らく「引きこもり」か下手をすると「社会のゴミ」になりかねない人たちが、「間違って漫画で成功しちゃった」人たち』、という酷評を聞いた事があるが、この「厚かましい」発言記事でもしかしてこの方を思いながらのご発言かと思ってしまった。

またこの厚かましいのが「ファン」への言葉だとすると、またこれも理解できない。選手と同じくひたむきに誰かを応援する、という行為は厚かましい行為なのだろうか? 情熱を燃やし夢を追う、皆自分もどこかであきらめた夢を託し、或いは大好きなスポーツのひたむきな選手たちを純粋に応援しようとする心が厚かましい行為とはとても思えない。それじゃあ選手よ勝手にやってくれ、勝てばほめて進ぜよう、と全国のファンが態度に出しおとなしくしてればいい、という事なのか?

要するに「俺は予想していたんだ」「おれが思ったとおりになったじゃないか」「バカ見たいに応援したって俺の予想通りになるんじゃ」という「オレガオレガ王」なのが、このやくみつると言う人物なのではないか。 文章の趣旨からすると「今後も頑張ってほしい」とは何を頑張れというのだろうか。「今後の日本サッカーの示唆」などは意味不明。論理性無視の文章は不快である。またこのような卑屈で低俗な文章を天下の朝日たるものが何故公の新聞記事とするのか、よっぽど紙面が埋まらないのであろう。 まさか熱いファンや選手向けの記事ばかりでは、と「紙面・内容のバランスを保とう」とこんなヨタ記事を載せたのであれば、朝日も終わりだ。 

恥ずかしながら我が家は半世紀近く朝日新聞を定期購読してきてしまった。最近10数年の記事の低レベル化が少々気になっていたところでこのような小学生新聞のような記事をみて心が動き始めた。そろそろ換え時かも知れない。 まあ朝日にとって我が家が読もうがどうしようが関係ない話だとは思いますが。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

かめさん、
同じ思いで言いたいことはた~くさんありますが、それは今度どこか別場所で。
いずれにせよ、最近の某新聞の傾向には残念なものがあります。
【2006/06/27 11:53】 URL | ベルーガ #- [ 編集]


ベルーガさん、中国関係ではもうあきれ返ってます。ここの記事にすると長くなるので、どうしようか迷って止めてました。
【2006/06/28 15:15】 URL | かめ #- [ 編集]

我覚得一様
 購読紙はY新聞ですが、3週間ほど入院したとき朝日新聞を読んでました。Y新聞に比べて朝日新聞の物の見かたのスタンスがかなり異なるのを読んでいて思いました。中国関係では「う~ん、なんだかなあ」であります。
【2006/06/28 16:44】 URL | 丁稚 #awY9DTMw [ 編集]


丁稚さん、7月9日の神子元島ツアーの見送りツアー行きません?
【2006/06/28 18:31】 URL | かめ #- [ 編集]

謝謝、関照我。
亀先生、晩上好。
 謝謝、ni1関照我。
 因為7月7号上班、8号下班、9号又上班、所以可能不去。夏天的時候、我men的工作不能突然請暇。
亀さん、お誘いいただきましてまして、ありがとうございます。上記の通りでございます。
タカダ~さんによりますと、7月2日、3日と集まりがあるとのこと。私は3日に参ります。
7月の土日の休みは15,16日です。海の日は上班。あとは平日の休みです。
平日假日 6号、11号、19号、24号、27号
【2006/06/28 19:58】 URL | 丁稚 #- [ 編集]


7月2日にワタクシメも行きますが、合流は昼頃になりそうです。
【2006/06/29 09:09】 URL | かめ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinabusiness.blog23.fc2.com/tb.php/110-330bf5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。